週5働けないって甘え?きついときの対処法を徹底解説

本記事にはプロモーションが含まれています
  • この記事で解決できる悩み
  • 週5働けないのは甘えなのか?フルタイムで働けない理由
  • 週5働けないときの対処法を知りたい
  • 週5日働けない状況での働き方改善策
  • 本記事の信頼性
ぱぱだんご自己紹介

私のプロフィールはこちら

現役派遣営業として週5勤務ではなく、週2日~3日、時短勤務などの希望者とも数多く接してきました。

週5のフルタイムで働けない方は多くいます。甘えじゃないかと言われることもありますが、甘えではありません。

仕事への恐怖心や環境的にも働けない方は働きたくても働けないのです。

そんな中で仕事をしているため、人一倍のストレスを感じています。

この記事では、週5で働けない方の原因を探り、対処法はもちろん、理想の職場に就くための一つの知恵をお届けできればと思います。

その一つの働き方に派遣社員の選択肢もあります。勤務条件も選べて派遣会社のサポートもありますので選択肢の一つに組み込んでみてもいいかもしれません。

〜 Contents 〜

週5日で働けないのは甘え?フルタイムで働けない理由

週5日で働けないのは甘え?フルタイムで働けない理由

週5で働けない原因は人それぞれです。ここでは私が派遣営業として接してきた中で多い理由をお伝えいたします。

  • 仕事に自信が無い
  • 家事や育児などの環境的に働けない
  • 体力的に働けない
  • メンタルがついていかない
  • もっと遊びたい

①:仕事に自信が無い

最も多い理由が仕事に自信がないことです。

最初は週4や時短勤務を希望し、慣れてきたら週5にしたいと考える方は多い傾向にあります。

今までの仕事の中で仕事に対して自信がなくなったり、慣れない仕事に対して億劫に感じていることもあるでしょう。

一般的に甘えと捉えられる理由ですが、怖いものは怖いのです。

②:家事や育児などの環境的に働けない

子育ての主婦や介護をしている方に該当しますね。

本当は働きたいのに働けないもどかしさもあることでしょう。

子供の保育園の迎えや土日のお休みなど、環境から来る原因のため、解消するのは非常に難しいです。

また、勤務条件も限られるため、仕事がなかなか決まらないことも。やむを得ず自分の理想を捨てて働いている方も大勢見てきました。

私も結婚をしており、妻の仕事探しで本当に苦労している姿をサポートしてきました。

現在では派遣社員として勤務して、子育てとの両立をしています。

ぱぱだんご

もちろん私も子育てを手伝っています。

主婦で仕事探しに悩んでいる場合「主婦で派遣はやめたほうがいい?パートと派遣向いてるのはどっち?」の記事を参考にして選択肢を増やしてみることも一つの手です。

③:体力的に働けない

体力的に働けない場合もあります。

座り仕事でも座っていることが辛かったり、通勤がしんどいこともありますね。

例えば、一日立ちっぱなしの接客業や飲食店で働くときは、座ることができないため、体力的な不安が残ります。

また、コールセンターや事務でも座りっぱなしが辛いことでしょう。

もし体力的に働けない方は在宅ワークなどの移動が少なく、自由に行動ができる仕事を狙ってみるのも一つの手ですよ。

④:メンタルがついていかない

HSPでストレスを過剰に感じる方もいます。ストレスを過剰に受けやすく、人一倍人間関係で疲れます。

ストレスを癒す方法として休暇が一番!

とはいえ、一日の仕事が終わったころにはぐったりしますよね。

自分に合った仕事を探すことから始めるといいのですが、正直やってみないとわからないこともあります。

その際利用してみてほしいのが派遣会社です。

派遣の働き方は様々な職場を経験することができますし、合う職場に就くことが出来たら、その職場での社員を目指すことも出来ますからね。

⑤:もっと遊びたい

傾向として20代前半の方に多いですね。

仕事よりもプライベートを優先したい気持ちは痛いほどわかります。

30代で現在管理職をしている私も、もっと遊びたい…

甘えと言われるかもしれませんが、全力で遊んでくださいね!


ここまで週5で働けない理由を解説しました。

簡単にまとめると以下の通りです。

  • 仕事に自信が無い
  • 家事や育児などの環境的に働けない
  • 体力的に働けない
  • メンタルがついていかない
  • もっと遊びたい
ぱぱだんご

週5で働けない理由は「メンタル」と「環境」に分かれている傾向にあります。

ももこ

たしかに、ちょっと働くのが怖いという理由はわかります。それに働いている中で環境の変化から働けなる方も多そうですね。

ぱぱだんご

そうですね。次はなぜ週5で働けないと甘えと言われるのかを解説しますね。

なぜ週5日で働けないと甘えと言われるのか?

なぜ週5日で働けないと甘えと言われるのか?
  • 精神的な不安は理解されない
  • 世間一般論じゃないから
  • 責任感がかけていると思われるから
  • 仕事を優先しないと思われるから

精神的な不安は理解されにくい

精神的な不安はなかなか理解されません。

理解されにくい原因は次の通りです。

  • 不安は目に見えないため
  • 不安は言葉にすることが難しいため
  • 不安の裏にある願望や目的がわからないため
  • 本人すらも気づいていないため

今の気持ちを数値化するものがあればいいのですが、ないですからね。

人それぞれ働き方に対しての価値観は違います。

「自分は大丈夫だから」「自分の場合はこうだったから」と相手の考えを擦り付けられることも多いでしょう。

言語化できない自分にイライラすることもありますよね。

職場にしっかりと気持ちを吸い上げてくれる人がいればいいのですが、なかなかそんな人が泡われないので辛いのです。

世間一般論じゃないから

特に日本は世間一般論を語る人が多いです。多数決で多い意見が勝ってしまうのです。

現在では仕事をするとなった場合、週5日のフルタイムが大多数を占めています。

そのため、週5で働けない人は一般論から外れる人として甘えという簡単な一言でまとめようとするんですよね。

企業の正社員を狙う場合は、こういった考えを持っている方が多いと感じています。

しかし、派遣会社を利用することで、一定の理解が得られることは多いでしょう。多くのフルタイムで働けない方々と接してきているため気持ちの理解ができるからです。

寄り添って仕事を紹介してくれることもありますよ。

余談ですが、

一昔前まではスマホではなくガラケーが主流でした。当時はスマホを持っている人はオタクと言われていたこともありました。今はスマホが当たり前なのでそんなこと言われませんよね。

また仕事探しも、今や紙媒体で探す人は少ないでしょう。ほとんどの方がネットで調べるはずです。

そのうち働き方も同じように変化してくると思いますよ。

もう少しの辛抱だと思っています。それまで大変だと思いますが、そういった方々は私は応援したいです。

それが私が派遣会社の営業を13年続けられる軸です。派遣会社に登録したら私が担当するかもしれませんね。もしどこかで巡り合えたら全力で応援します。

責任感がかけていると思われるから

週5日働かないことは、職場での責任感が欠けていると捉えられることがあります。

昔ながらの風潮ですね。

週5で働けない方は決して責任感がかけているわけではありません。むしろ仕事をしているときは、人一倍頑張っていると感じています。

その分ドッと疲れるんですけどね。

とはいえ、世間は厳しいもので、責任感がないと思われがちなんです。

仕事を優先しないと思われるから

「働くもの食うべからず」そんな言い伝え的なものもありますね。

優先順位は人それぞれ変わりますし、おかれている環境によっても変化します。必ずしも仕事が優先ではないのです。

たしかに、1日で使う時間の3分の1は仕事が一般的です。そのため仕事を優先しないとという言い分もわかりますが、働くことがすべてではありませんので、こういった声は気にしないことが一番です。

ぱぱだんご

働けるようになったら働けばいいのです。


週5で働けない人は甘えという考えは、個人の状況や理由を無視した世間一般論が多いです。

必ずしも正しいとは言えませんね。

そういった一般論よりも、自分自身の気持ちや環境を一番に考えて自分に合った仕事を探していくのがいいですね。

週5日で働かなくなった時のメリットとデメリット比較

週5日で働かなくなった時のメリットとデメリット比較

ここからは週5で働かず、週3~4日や時短勤務にした場合のメリットとデメリットを見ていきましょう。

メリット
デメリット
  • 仕事とプライベートの両立がしやすくなる
  • 自己研鑽や副業に挑戦できる
  • 集中力アップや生産性の向上が期待できる
  • メンタル安定する
  • 給与減少のリスク
  • 残業の常態化
  • 成果がより重視される
ぱぱだんご

まずは、メリットから見ていきましょう。

メリット4つ

  • 仕事とプライベートの両立がしやすくなる
  • 自己研鑽や副業に挑戦できる
  • 集中力アップや生産性の向上が期待できる
  • メンタル安定する

仕事とプライベートの両立がしやすくなる

週5じゃなくなることにより、プライベートの時間が増えます。

そのためプライベートとの両立ができ、両立しやすくなりますね。

例えば週4日で働いた場合、「次の日が休みだ」と思う日が一日増えるんです。なんかうれしくないですか?

それに時短勤務の場合、仕事が終わった後に買い物に行ったり、趣味の時間に使えたりと、充実した日々が目に浮かびますね。

スキルアップや副業に挑戦できる

仕事をしていない時間に資格の勉強をしたり、副業したりすることだってできます。

お金も大事ですが、お金よりも大事なのは「時間」です。

時間は限りあるものですし、全員が平等に与えられたものだからです。

週5で働かないと、時間の自由度が増します。この時間を使って自己投資に使うことだってできますね。

集中力アップや生産性の向上が期待できる

しっかりと休むことにより、集中力や生産性が上がります。

2019年の研究にはなりますが、日本マイクロソフトは「週4日勤務」を試験的に導入したことがあります。

結果として週4日勤務にすることで生産性が40%上がった報告があるほどです。

ぱぱだんご

週4日勤務のほうがいいんじゃないか?

まだまだ日本企業は「残業する美学」みたいな風潮が残っていますが、生産性を落としているだけかもしれませんね。

メンタル安定する

ほとんどのストレスは人間関係です。

勤務時間や日数を減らすことで、そもそもの人間付き合いの時間を減らせますからストレスが減りますね。

更にプライベートで充実したら更にメンタルが安定することでしょう。

コツとしては8時間くらいしっかり寝ると安定する傾向がありますよ。

デメリット3つ

逆にデメリットをみていきましょう。

  • 給与減少のリスク
  • 次の出勤が億劫になる
  • 成果がより重視される

給与減少のリスク

しょうがないですが、給料が減ります。

働ける環境に出会えたり、仕事に慣れてきたら勤務日数を増やしたりして、収入を増やすこともいいでしょう。

場合によっては、資格を取ったり、副業で成功することもあります。そうなったら本業よりも火星で行けるチャンスも広がりますね。

次の出勤が億劫になる

連休明けの出勤は辛くありませんか?

休みが多くなるとその分、次の出勤が億劫に感じることも多くなるでしょう。

次第に欠勤が多くなり、辞めたくなる気持ちになってしまうことも出てくるかもしれません。

ある程度仕事に慣れてこればいいのですが、なれるまでが大変です。

成果がより重視される

企業は成果を求めます。そのため勤務時間が短いから、勤務日数が少ないからといった理由で成果の目標が下げられることも少ないのです。

同じ成果を求める会社は多いんですね。

成果を求められすぎるとプレッシャーとなり、逆にきついと感じることも出てくるでしょう。


週5で働かない場合のメリットとデメリットを解説しました。

改めてまとめると次のとおりです。

メリット
デメリット
  • 仕事とプライベートの両立がしやすくなる
  • 自己研鑽や副業に挑戦できる
  • 集中力アップや生産性の向上が期待できる
  • メンタル安定する
  • 給与減少のリスク
  • 残業の常態化
  • 成果がより重視される

週5日がきつい時の対処法5選

週5日がきつい時の対処法5選

ここからは週5がしんどい場合の対処法を解説します。

  • 在宅ワークをしてみる
  • 勤務条件を見直す
  • 働く場所を近場にしてみる
  • 働く姿勢を変えてみる
  • 職種を変える

①:在宅ワークをしてみる

いわゆる在宅勤務です。

こんなメリットがありますね。

  • 通勤時間の省略ができる
  • 仕事の合間に家事や家のことができる
  • 人間関係が最小限で済む

在宅ワークは「さみしい」というデメリットを除くとメリットが豊富にあります。

とくに、通勤時間が毎日1時間かかっていた場合、往復で2時間の時間短縮となりますし、仕事の合間を見て家のことも出来ますからね。

在宅ワークの仕事は倍率が高い傾向にあり、採用されにくいですが、雇用形態にこだわりを持たなければ狙っていけるでしょう。

②:勤務条件を見直す

週5で働けないと感じた場合、時短勤務や週3日勤務など勤務条件を見直すことも検討してみましょう。

もちろん今の仕事内容や職場環境によっては見直すことができないこともあると思いますが、

無理して今の職場を続けて心身をすり減らすよりも、別の職場に転職したほうが良いこともありますよ。

③:働く場所を近場にしてみる

働く場所を近場にしてみるのも良いでしょう。

働く場所を変える=転職となってしまいますが、通勤時のストレスがなくなるためおすすめです。

また場合によっては自転車通勤できることもあるため、運動もできて一石二鳥になることもあるのです。

とはいえ、近場で仕事がないということもあるでしょう。

その場合は、派遣会社に登録だけしておいて、家からの近場で仕事を探してもらうことが最も楽で簡単な方法です。

④:働く姿勢を変えてみる

働く姿勢を変える方法はメンタルに不安のある方におすすめの方法となります。

仕事は「必要とされていると感じる」とモチベーションが上がってくる傾向にあります。

また仕事の悩みは仕事の成果でしか解消することはできません。

もし受動的な仕事のしかたをしている場合は、主体的な仕事のしかたにかえてみると環境が変わる可能性があります。

以下の記事は派遣社員に向けての記事ではありますが、仕事の本質だと確信しています。

仕事の向き合い方を変えてみたい方は「手放したくない派遣社員」の記事を参考にされてみてください。

⑤:職種を変える

5つ目の対処法は職種を変えてみることです。

職種を変えることで仕事内容がガラッと変わります。

実際に仕事をしてみないと自分に合うのか合わないのかがわかりません。

とはいえ、未経験で仕事をするのも怖いということもあるでしょう。

先ほどから派遣を進めてしまい恐縮ですが、未経験の職種に就く場合は派遣がおすすめです。

入社前から入社後に至るまでサポートがしっかりしているからです。

週5日がきつい場合は派遣社員も選択肢に入れると働ける

週5日がきつい場合は派遣社員も選択肢に入れると働ける

ここから派遣で働く魅力を語らせていただきます。

週5で働けない人が派遣をオススメする理由は次の通りです。

  • 週3日勤務時短勤務といった柔軟な働き方が可能
  • 派遣会社のメンタルケアを受けられる
  • 職場環境が合わなくても職場変更できる
  • 仕事で求められるレベルが正社員程ではない
  • 資格所得支援などの福利厚生がある
  • 在宅ワークの案件が豊富

それぞれ解説します。

①:週3日勤務時短勤務といった柔軟な働き方が可能

一番の魅力と言ってもいいでしょう。

派遣は柔軟な働き方ができる職場を多くそろえています。

例えば、

  • 週3日勤務で働きたい
  • 16時までの時短勤務で働きたい
  • 12時から働きたい
  • 子供が発熱したときでも休める職場で働きたい
  • 残業がない職場で働きたい

こういった職場に出会えるんですね。

さらに、勤務条件の融通であればパートやアルバイトでもいいじゃないかと思われることもあると思いますが、時給が全く違います。

平均で250円/時変わりますので、少ない勤務時間でパートよりも多くの収入を得られるのです。

②:派遣会社のメンタルケアを受けられる

派遣会社はあなたに職場を提供しただけでは終わりません。

仕事中に出てくる人間関係のトラブルや、仕事での不安、メンタル状況においてもサポートをしていきます。

なぜなら、あなたが継続して勤務することが派遣会社の利益になるためです。

また、派遣会社は多くの週5で働けない方と接してきています。そのため、気持ちを理解してくれやすいんですね。

正社員や契約社員、パートは入社したら自分で頑張らないといけません。

一方で派遣は保護者のようにサポートしてくれますので仕事に不安を抱えている方にはおすすめです。

③:職場環境が合わなくても職場変更できる

派遣で入社したものの、職場環境が合わないこともあるでしょう。

その場合でも期間満了を持って別の派遣先を紹介されることもあります。

職場を変えても、雇用主は変わりませんので「退職歴」にはならないのです。履歴書にも傷がつかないんですね。

とくに、未経験で新しい業種に就く際は「本当に自分にできるのかな」と不安があると思いますが、失敗しても大丈夫と思うことでチャレンジすることもあるでしょう。

派遣会社には入社前の研修もありますので基礎知識を持った状態で入社することだって可能です。

④:仕事で求められるレベルが正社員程ではない

今の職場で求められる能力や責任が高すぎると感じることもあるでしょう。

派遣の仕事は仕事内容が事前に契約書に記載されています。

また、契約書に記載されていない仕事は基本しなくてもOKです。

ようは、決められた仕事を決められた期間行うのが派遣です。

仕事に慣れてきたら若干物足りなさを感じることもありますが、プレッシャーに感じることも減ります。

⑤:資格所得支援などの福利厚生がある

将来のために資格を取っていきたい方もいることでしょう。

派遣会社には資格支援制度がある会社が多いです。特に大手派遣会社になると支援している会社がほとんどですね。

会社の支援を受けながら自分自身のスキルアップを図り、将来に備えることだってできます。

⑥:在宅ワークの案件が豊富

週5で働けない方や、家庭環境で働けない方でも在宅ワークにすることにより、ガラッと環境が変わります。

特に在宅ワークでおすすめの派遣会社はランスタッドです。

在宅ワークにおける研修も準備していますので、初めての在宅ワークでもある程度安心して仕事ができます。

ちなみに、企業の直接採用での在宅ワークはオススメしていません。サポート体制がないからです。

在宅ワークは基本的に遠隔となります。リアルで合うことはほとんどないんですね。

そのため、仕事での不安を感じた時に、

  • どこに確認すればいいのか
  • 聞きにくい
  • 孤独感を感じる

といった問題が発生します。

しかし、ランスタッドであれば最寄りの支店担当とリアルで会って相談することだってできます。

また職場の人に相談するわけではないため、相談しやすさも増すでしょう。

働き方を変えることができて、サポート体制もしっかりしているのが派遣会社なんです。


ここまで派遣の魅力を解説しました。

まとめると次の通りです。

  • 週3日勤務時短勤務といった柔軟な働き方が可能
  • 派遣会社のメンタルケアを受けられる
  • 職場環境が合わなくても職場変更できる
  • 仕事で求められるレベルが正社員程ではない
  • 資格所得支援などの福利厚生がある
  • 在宅ワークの案件が豊富

おすすめの派遣会社はこちらです。

派遣会社/おすすめ度求人数リンク

(5.0)
約38,000件公式HP

(5.0)
約55,000件公式HP

(4.5)
約10,500件公式HP

(4.5)
約12,000件公式HP

(3.5)
約17,000件公式HP

(3.5)
約7,000件公式HP

派遣会社は日本に40,000社あります。

どの派遣会社も一緒というわけではありません。派遣会社選びに失敗すると後悔が待っていることもあります。

そのため、口コミ評価が一定数あり、大手企業を狙っていくといいですね。

ちなみにおすすめしたい派遣会社はランスタッドです。

世界シェアNo.1で在宅ワークである「おうち派遣」の案件も豊富にあります。

求人数もおおいため、仕事選びもできますね。

よくある質問

よくある質問

面接で困る、「なぜフルタイムじゃないんですか?」に対して

一般企業での面接でフルタイムじゃない理由を伝えることは難しいです。理由を素直に伝える必要があります。素直に伝えないと、働いた後にボロがでて後々おトラブルになるからです。

ここでは派遣会社に対しての伝え方を解説しますね。

以下を使ってみるといいでしょう。

  • 現在のライフスタイルに合わせて、派遣で働くことを選択しました。
  • 子育てや家庭の事情との両立のため、フルタイムではなく派遣で働きたいと考えています。
  • フルタイムで働くよりも柔軟な働き方ができる派遣を選びました。
  • 勉強や家庭の事情とのバランスを取りたいため、週4日の勤務を希望しています。
  • 前職でフルタイムで働いていましたが、精神的な疲れをとることができなかったため

このように素直に伝えても派遣会社はOKです。状況に応じた派遣先企業を探します。

しかしオーバーに伝えすぎることは避けるべきでしょう。逆に不安になってしまいます。

コツとしては「仕事に対して前向きな姿勢を見せること」ですよ。

週5で働けない人の割合は?

統計データがあるわけではないため、私の経験上での話となりますが、

週5日フルタイム以外を希望する割合は、10人に6名の割合です。60%ですね。

現在の私の仕事柄「派遣」となるため、希望条件がある方がほとんどです。

また2019年にアメリカでの世論調査ですが、週4日勤務を希望している人の割合は67%だったとのことです。

今の職場で週4日勤務に変更するには?

上司や人事に伝えるしかありません。理由は素直に伝えるといいでしょう。

会社としては週5働いてほしいわけですから、変に偽ると「じゃあ週5で働いてよ」となります。

交渉しても難しい場合は、職場を変更してみるのも手でしょう。

週5日で働けないのは甘えなの?まとめ

週5で働けない方は決して甘えではありません。世間一般論で見るのではなく、今のあなたの状況を見て理解してくれる会社を選んでいく必要があります。

派遣で働く選択肢を取り入れてみてもいいかもしれません。

仕事に慣れてきたら、その後正社員を目指すこともできます。

焦って身体に鞭をうつよりも、環境に合わせて仕事を選択し、変化に対応できるのが派遣です。

改めて派遣のメリットは以下の通り。

  • 週3日勤務時短勤務といった柔軟な働き方が可能
  • 派遣会社のメンタルケアを受けられる
  • 職場環境が合わなくても職場変更できる
  • 仕事で求められるレベルが正社員程ではない
  • 資格所得支援などの福利厚生がある
  • 在宅ワークの案件が豊富
派遣会社/おすすめ度求人数リンク

(5.0)
約38,000件公式HP

(5.0)
約55,000件公式HP

(4.5)
約10,500件公式HP

(4.5)
約12,000件公式HP

(3.5)
約17,000件公式HP

(3.5)
約7,000件公式HP
PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアお願いします
  • URLをコピーしました!
〜 Contents 〜