スタッフファーストの派遣評判は悪い?やばい・釣りといわれる実態を解説!

本記事にはプロモーションが含まれています
悩み

派遣会社のスタッフファーストは入社して失敗しない?メリットだけではなく、「やばい」と言われる側面も知りたい。

こんな悩みを解決します。

  • 本記事の内容

スタッフファーストは、コールセンターに特化した派遣会社です。中でも官公庁の仕事が多く、未経験でも入社しやすく、希望通りの勤務条件ではたらけることが魅力でしょう。

しかし、大手企業のテンプスタッフスタッフサービスと比べると知名度が低く、入社しても失敗しないかな?と不安になる方も多いと感じています。

本記事では、現役派遣営業の私が、スタッフファーストを徹底解説し、デメリットをとことん洗い出していきますね。

本記事のまとめ

先に結論をお伝えすると、スタッフファーストは安定性が他の派遣会社よりも劣ります。期間限定で働きたい方や、勤務条件に縛りがある方には向いていますが、長く勤めたい方は、名前の似ているスタッフサービスをおすすめします。

〜 Contents 〜

スタッフファーストの基礎情報

スタッフファーストの会社概要
項目内容
会社名株式会社スタッフファースト (STAFF FIRST Inc.)
本社所在地〒530-0057 大阪府大阪市北区曾根崎2-2-15 KDX東梅田ビル3F
設立2015年11月11日
資本金7,000万円
代表取締役香川 正人
事業内容労働者派遣事業(派27-302221)
有料職業紹介事業(27-ユ-301932)
採用コンサルティング事業
採用代行事業
求人数647件
※2024年5月10日現在
職種・コールセンター
・事務職
・営業
会社スタッフファースト公式HP

スタッフファーストはコールセンターに特化した派遣会社であり、主にコールセンター、事務・データ入力、その他事務・受付、営業の4つの職種を取り扱っています。

ぱぱだんご

求人件数を見ると、こんな感じです。

  • コールセンター:567件
  • 事務・データ入力:57件
  • その他事務・受付:18件
  • 営業:5件

大手派遣会社のテンプスタッフと比較すると、求人数は40,000件を超えるため、スタッフファーストの求人数は決して多くはありません。

しかし、求人数が少ないからこそ、取引先との密接な関係性を築けるのです。また、大手にはないきめ細やかなフォロー体制が整っているのも特徴です。

実際に、スタッフファーストを利用した派遣社員の評判はどうなっているのでしょうか。ここからは、スタッフファーストの評判を見ていきましょう。

スタッフファーストのやばいと言われる口コミ・評判は?

先に、良い評判と悪い評判の全体像をまとめますね。

良い評判
悪い評判
  • 登録会の接し方がやさしい
  • 希望のシフトが通りやすい
  • 働く環境が整っている派遣先が多い
  • 有給や産休がとりやすい
  • 駅に近い派遣先が多いため通勤しやすい
  • 働いてもスキルが得られにくい
  • スタッフファーストなのに、ファーストになってない
  • 自ら動かないと放置されぎみ
  • リモートワークを取り入れているが、補助がない
  • 登録後に1日30通ほど送られることがある

この中から、いくつかの口コミをピックアップしてみてみましょう。

ぱぱだんご

まずは悪い評判から見ていきます!

  • スタッフファーストの悪い評判
  • 働いてもスキルが得られにくい
  • スタッフファーストなのにスタッフファーストじゃない
  • 気軽に登録したらえぐいほどメールが来る

働いてもスキルが得られにくい

スタッフファーストやばいの?
画像引用:転職会議

スタッフファーストなのにスタッフファーストじゃない

気軽に登録したらえぐいほどメールが来る

気軽に登録したら毎日えぐいほどのメールが来ます。だいたい30通くらい しかも同じ内容のが1通1通毎日くるので頭がおかしくなりそうです。笑 対応もよくないしいい印象だったことありません、他の派遣会社をお勧めします!

googleMAP

スタッフファーストのいい口コミ・評判は?

続いて良い評判を見てみましょう。よく書かれている目立った評判は次の3つです。

  • 「派遣登録が初めて」と伝えると親切に接してくれる
  • 希望のシフト通りになった
  • 駅に近い派遣先が多いため通勤しやすい

「派遣登録が初めて」と伝えると親切に接してくれる

一人一人に丁寧に教えてくれる 派遣が初めてだったので登録の時からかなり緊張していたのですが、にこやかな担当さんでほっとしました。 初めてだと言うと、登録の流れや、派遣の仕組みや受けられる講習など、とても丁寧に詳しく教えていただいてとても感謝しています。 以前の職場がかなりブラックで身体をこわしてしまったのもあり、派遣スタッフとしてはなるべく無理なく働きたい、残業が少なめのところが良いという話も熱心に聞いてくださり、親身になって相談に乗ってくれたので、信頼できると感じました。

引用:CREERECO

希望のシフト通りになった

画像引用:転職会議

駅に近い派遣先が多いため通勤しやすい

派遣先にもよるが、駅近くにオフィス等があり通勤しやすい。オフィスも新しく綺麗。近隣に飲食店やコンビニ、オフィスには休憩スペースもあり。

ライトハウス

改めて、良い評判と悪い評判の特徴を3つずつまとめますね。

良い評判
悪い評判
  • 「派遣登録が初めて」と伝えると親切に接してくれる
  • 希望のシフト通りになった
  • 駅に近い派遣先が多いため通勤しやすい
  • 働いてもスキルが得られにくい
  • スタッフファーストなのにスタッフファーストじゃない
  • 気軽に登録したらえぐいほどメールが来る
ももこ

名前がスタッフファーストなだけあって、私たちを第一に考えてほしいものですね。

ぱぱだんご

では、口コミを確認したところで、次はスタッフファーストの特徴から見出した「デメリット」を派遣営業目線から解説していきますね。

スタッフファーストがやばいと言われる5つのデメリットは?

  • 釣り求人がある
  • 拠点数が少ない
  • 求人数が少ないため切られた後が不安
  • 官公庁の仕事は短期間の仕事が多い
  • 日払いはつかえるがデメリットに注意

釣り求人がある

スタッフファーストに限らず、派遣会社のほとんどは釣り案件であるのが現状です。

その理由は、派遣先の求人情報が随時変わるのに対し、求人誌への反映は最短でも1週間単位でしかできないためです。

ぱぱだんご

求職者に応募してほしいという思いから、最も魅力的な好条件の案件を掲載していることも理由としてありますね

たとえば、コールセンターの案件をみると、どの企業にも該当するような汎用的な内容で書かれていることがあります。
求人誌には「お客様からの問い合わせ対応」とは書かれていても、「エアコン設備に関する対企業からの問い合わせ業務」と、具体的に書かれていないですからね。

スタッフファーストも例外ではなく、コールセンター案件を多数所持しています。求人誌を毎日更新するのは手間がかかるため、最新の情報ではないのです。

結果として汎用性の高い仕事を掲載し、応募後に別の案件へと誘導されることがあるのです。

拠点数が少ない

スタッフファーストの拠点数は6拠点と少なめです。大阪、東京、札幌、松山、福岡、名古屋に事業所を持っています。拠点数が少ないことにはメリットとデメリットがあります。

メリットデメリット
1. 支払い給料が高くなる1. トラブル時の現地対処が難しい
2. 派遣営業からの過度な関与がない2. 帰属意識の低下
3. 地方の特性理解の欠如
4. 地方案件の減少
5. 派遣営業と派遣先企業の関係希薄化による働きにくい環境
拠点数が少ない場合のメリットデメリット
ぱぱだんご

拠点数の少なさは一長一短であり、メリットがある反面、デメリットが目立ってしまうのです。

求人数が少ないため切られた後が不安

求人数の多さがすべてではありませんが、求人数が少ないことのデメリットは無視できません。

求人数が少ないデメリット
  • 今の勤務先が契約終了になったとき、次の案件がなくなり仕事がなくなる
  • 勤務地が限られ、通勤時間が遠い仕事しかない
  • 希望する仕事がみつかりにくい

派遣社員は契約期間が終われば契約終了となります。

もちろん、派遣先に直接雇用になるチャンスもありますが、就業先が合わずに自主退職した場合、次の配属先が見つかりにくいのが現実です。

ももこ

たしかに、求人数が多ければ、配属先変更もできますね。

ぱぱだんご

その通りです。求人数の多さがすべてではありませんが、少ないことによるデメリットは認識しておくべきでしょう。

官公庁の仕事は短期間の仕事が多い

官公庁の仕事とは、国や自治体から依頼される仕事のことです。

官公庁の仕事はこんな仕事
  • コロナのワクチン接種に関する受電業務
  • ワクチン会場の設置・設営
  • 市役所で住民からの各種申請書類のデータ入力
  • 官公庁関連の不備確認や電話問い合わせ対応

官公庁の仕事の特徴は、誰でもできる仕事ではあるものの、期間限定の短期であることが多い点です。

経験上、3か月前後の期間が多いですね。実際にスタッフファーストでの官公庁の仕事も「短期!」と記載されているものが目立ちます。

契約期間が終了すると仕事がなくなるため、次の仕事が紹介されるかどうかは運次第です。求人数の少なさのデメリットが表れる場面だと言えるでしょう。

日払いはつかえるがデメリットに注意

画像引用:Call Garden

スタッフファーストの日払いサービスは即金性が高く、最短で当日受け取りが可能です。

出勤時に日払いサービス「Payme」を使って申請し、仕事をした後、当日19時以降にコンビニATMで給料を受け取れます。

ぱぱだんご

会社や上司のハンコをもらう必要がないため、お手軽さと即金性の高さが特徴ですね。

しかし、以下の注意点があることには気をつけましょう。

  • 申請可能金額は1日5,000円まで
  • 1回の振り込みごとに振込手数料がかかる
  • 社会保険担保金として毎月25,000円分は使えない
  • 月をまたいだ申請はできない

日払い制度は一見魅力的ではありますが、必ずと言っていいほど制限があるのです。

私自身が派遣営業をしている中で、「日払い」を希望する人は多いと感じています。しかし、注意点を説明すると「じゃあいいです」となることもありまりますね。

ぱぱだんご

無駄な登録会を避けるためにも、事前に日払いの注意点は押さえておくことが大切です。


ここまで解説⇩、スタッフファーストのやばいと言われる理由を改めてまとめます。

  • 釣り求人がある
  • 拠点数が少ない
  • 求人数が少ないため切られた後が不安
  • 官公庁の仕事は短期間の仕事が多い
  • 日払いはつかえるがデメリットに注意
ももこ

官公庁の仕事で、安心して働ける一方で、期間が終了した後のことも考えないといけないですね。

ぱぱだんご

その通りです。もし案件がなくなる不安や、長く働きたいと考える方は、名前がちょっと似ている「スタッフサービス」を利用するといいでしょう。

スタッフファーストを利用するメリット・特徴

  • 官公庁(国の仕事)に強い
  • コールセンター案件の中でも給料が高い
  • 希望に応じた勤務条件が通りやすい
  • 1日体験入社制度(おためしごと)で様子見ができる
  • 髪色や服装など自由が利く

官公庁(国の仕事)に強い

スタッフファーストは官公庁の仕事に強みを持っています。

官公庁の仕事の特徴
  • 官公庁の仕事は短期が多いものの、入社しやすい
  • 未経験でもタイピングが出来れば大丈夫
  • 残業がない
  • 決められたマニュアル通りに仕事が進む

官公庁の仕事は入社しやすく、マニュアル完備なんですよ。だからこそ、仕事に不安を感じている人に向いています。

短期勤務を利用して、つなぎとして勤務しながら転職活動をすることもできるでしょう。

コールセンター案件の中でも給料が高い

スタッフファーストのコールセンターの時給は、一般的なコールセンターよりも高めに設定されています。

項目スタッフファースト一般的なコールセンター
平均時給1,400円~2,600円1,000円~1,500円
高時給求人例1,700円、1,900円、2,200円など多数2,000円以上の求人もある
低時給求人例1,200円~1,400円程度の求人もある
正社員の年収約350万円(時給2,000円換算)
未経験者の時給1,500円スタートの求人あり
シニア層の時給40代でも時給2,600円の求人あり
主婦・主夫の時給時給1,600円のSV職の求人あり

スタッフファーストは全体的に一般的なコールセンターよりも高時給の求人が目立ちます。未経験者やシニア層、主婦・主夫向けにも高時給求人があるのが特徴ですね。

スタッフファーストが高時給の理由は
  • 会社規模から運営費を抑えられている
  • マージン率が低く設定している(会社の抜き率が低い)
  • コールセンター特化でやってるから取引先からの信頼がある(派遣先から貰える金額交渉ができる)

希望に応じた勤務条件が通りやすい

スタッフファーストが取り扱っている仕事の大半はコールセンターであり、比較的勤務条件を通しやすい環境にあります。理由は以下の通りです。

  • シフト制の勤務形態が多い
    1. コールセンターの多くはシフト制の勤務形態を取っているため、ある程度融通の利く働き方ができます。希望シフト制の場合、勤務日や時間を細かく指定できるので、プライベートとの両立がしやすいです。
  • 人員の確保が重要
    1. コールセンターは一定の人員を確保する必要があるため、できるだけ多くの人が働きやすい環境を整えようとします。そのため、勤務条件の希望を通しやすい傾向にあります。
  • 幅広い人材を採用している
    1. 未経験者や主婦、学生など幅広い人材を採用しているコールセンターが多いです。多様な働き方のニーズに応えるためにも、勤務条件の希望を通しやすくしているといえます。

1日体験入社制度(おためしごと)で様子見ができる

おためしごと

スタッフファーストには他社にはない魅力的な制度として、1日体験入社制度(おためしごと)があります。

おためしごと制度を利用することで

  • 会社の雰囲気がわかる
  • コールセンターはどんな受け答えをしているのかがわかる
  • リアルな業務内容が体感できる
  • 入社前のイメージとのギャップをつかめる

事前に雰囲気を味わうことで、「入社して失敗した!」となることを最大限減らせるのです。

1日体験ができるのは、登録会場とコールセンターが併設されているからです。体験は登録会とは別日で受けることもできますよ。

髪色や服装など自由が利く

コールセンターの仕事の特性上、髪型や服装が自由なところが多いです。

そのため、おしゃれをしたい方には向いていると言えるでしょう。

自由とはいえ、実際に私がコールセンターを担当した経験からすると、そこまで髪色や髪型が明るい方は少なかった印象があります。

コールセンターは取引先と対面で会う仕事ではないため、どんな格好でも大丈夫というところが多いのが実情です。

ただし、不潔な格好をしていると社内からのクレームになる可能性もあるため、清潔感は保つことが大切ですよ。

スタッフファーストに向いてる人の特徴

  • 平日のみ時短勤務など勤務条件を付けて仕事を探している人
  • 国や地方自治体の運営に関わる仕事をしたい人
  • 短期で仕事を考えている人
  • 仕事をやってみたいけど、自分に合うか不安な人

平日のみ時短勤務など勤務条件を付けて仕事を探している人

スタッフファーストのコールセンターの仕事の中でも、官公庁の仕事は平日のみ時短勤務が可能な仕事が多いのが特徴です。

席数を埋めるためにシフトを組んでいくため、時間や勤務日数、勤務曜日の調整がしやすいのです。

時間に制限のある主婦や学生など、フルタイム以外の働き方を望んでいる方には向いていると言えるでしょう。

国や地方自治体の運営に関わる仕事をしたい人

官公庁の仕事に関わりたい人にはスタッフファーストがおすすめです。

官公庁の仕事は次の環境下で働ける
  • 仕事内容がわかりやすい
  • マニュアル通りに進む
  • 残業やノルマがない

また、国が関与していることから、労働環境が守られているところが多いのも特徴です。コールセンターや事務職が未経験の方にも適した仕事だと言えるでしょう。

短期で仕事を考えている人

スタッフファーストの官公庁の仕事は、1か月~6か月程度の短期勤務の仕事が多いのが特徴です。

  • 短期的に稼ぎたい方
  • 今後の転職のつなぎとして考えている方
  • 次の仕事まで期間が空いてしまった方

上記に当てはまる方には向いている働き方だと言えます。

あえて長期勤務を望まない方にもおすすめです。勤務期間があらかじめ決められているため、退職の際のトラブルになりにくいメリットもあります。

仕事をやってみたいけど、自分に合うか不安な人

スタッフファーストの「おためしごと」は、他社にはない魅力的なサービスです。

仕事前に体験できるため、入社後のギャップを最小限に抑えられるのが大きなメリットとなるでしょう。

転職は可能な限り少なくしたいと誰もが考えるものですが、入社後に失敗したくない人こそ、スタッフファーストを利用する価値は高いと言えるサービスです。


ここまでスタッフファーストに向いている人の特徴を解説しました。改めてまとめると次の4つに当てはまる方は向いていると言えるでしょう。

  • 平日のみ時短勤務など勤務条件を付けて仕事を探している人
  • 国や地方自治体の運営に関わる仕事をしたい人
  • 短期で仕事を考えている人
  • 仕事をやってみたいけど、自分に合うか不安な人

スタッフファーストで釣り求人を見抜く方法

スタッフファーストに限らず、どの派遣会社も釣り求人は存在します。

私自身も現在、派遣会社の求人担当をしている中で、自分でも思っています。中でも本当の求人も入っていますので、4つの釣り求人の見分け方を伝授します。

  • 一か月以上掲載されている求人は要注意
  • 大量募集をしている求人は注意
  • 条件が良すぎる求人は注意
  • 業務内容よりも、職場の雰囲気押しの求人

一か月以上掲載されている求人は要注意

好条件にもかかわらず、一か月以上募集をしている求人は釣り案件の確率が非常に高いです。

ももこ

よくよく考えると、魅力的な案件がずっと空いているわけがないのですよね。

ぱぱだんご

はい。でもずっと掲載されていることがあるんです。

ずっと掲載されている求人は、応募者を増やす目的で求人誌に掲載しているだけか、入社してもすぐに辞めてしまうような最悪な環境である可能性が高いのです。

特に前者の理由が多いでしょう。 魅力的な内容を見せて、自社に応募してもらうことが目的であり、そこに次に説明する2つの特徴がそろっていれば、釣り求人確定と言えます。

大量募集をしている求人は注意

派遣会社の求人内容を見ると、「募集人数10名~20名」のような大量募集の求人がありますが、大抵は釣りです。

たしかに受け入れ可能な程度の求人数はあるかもしれませんが、同じ配属先での大量募集はほぼあり得ません。

官公庁のオープニングスタッフなどの特殊な場合を除けば、大量募集はまず疑ってかかるべきでしょう。

募集しておいて、派遣営業との面談を経て配属先を選定されるため、あなたの希望通りの勤務条件が提示されることは期待できません。

条件が良すぎる求人は注意

給料が高い、時短勤務OK、勤務日数2日からOKなど、条件が良すぎる求人には注意が必要です。

一般的に、高待遇の求人は人気が高く、すぐに埋まってしまうものです。長期間にわたって掲載されている高条件の求人は、釣り求人の可能性が高いと考えられます。

実際の求人内容とは異なる可能性があるため、応募する際は慎重に判断することが大切です。

業務内容よりも、職場の雰囲気押しの求人

業務内容の説明がペラペラで、社内の雰囲気の良さばかりを押している求人は要注意です。

社内の雰囲気を必要以上に強調している求人は、実際の雰囲気が悪い傾向にあります。業務内容が希薄なのは、どの仕事にも紹介できるようにしているためです。

会社の雰囲気を押しまくっている求人は避けた方が無難でしょう。 釣り求人を見抜くためには、上記の4つのポイントに注目することが大切です。

求人誌の情報だけでなく、実際に派遣会社に登録し、面談を受けることで、より詳細な情報を得ることができます。

スタッフファーストは大手派遣会社と比べてどうなの?

よく、派遣で応募される会社との比較をしていきますね。

派遣会社/おすすめ度求人数対応エリアリンク
約650件一部対応
6拠点
公式HP
約38,000件全国対応
94拠点
公式HP
約36,000件全国対応
156拠点
公式HP
約10,500件全国対応
34拠点
公式HP
約17,000件全国対応
50拠点
公式HP

スタッフファーストは他社と比べると求人数が少ないことが目立ちます。コールセンター業界特化で行っているため仕方がないことではあります。

コールセンターをやってみたいという方は、大手企業である「スタッフサービス」「ウィルオブ」がコールセンターもやっているため、同時応募しておくといいでしょう。

スタッフファーストによくある質問は?

スタッフファーストは日払い可能?

可能です。

しかし、以下の点に注意しておきましょう!

  • 申請可能金額は1日5,000円まで
  • 1回の振り込みごとに振込手数料がかかる
  • 社会保険担保金として毎月25,000円分は使えない
  • 月をまたいだ申請はできない

スタッフファーストでデータ入力の仕事はありますか?

ありますが、全体求人数650件に対して、10件の割合です。

求人の割合は非常に少ないため、データ入力をしたい場合は、別の派遣会社に応募するのがいいでしょう。

スタッフファーストは在宅の仕事はありますか?

ありますが、期待しないほうがいいですよ。スタッフファーストの求人のほとんどはコールセンターです。

コールセンターは仕事の特性上「在宅ワーク」がしにくいのです。

在宅ワークの求人のほとんどが「事務職」「エンジニア」なんですよ。

在宅ワークを狙うならおすすめの派遣会社
ランスタッド

完全在宅の「おうち派遣」で在宅ワークが可能

リクルートスタッフィング

業界最大手のリクルートグループだからこその絶対的安心感

スタッフサービス

求人数を見たらビックリするレベル

スタッフファーストは大学生でも大丈夫なの?

大丈夫です。「学生歓迎」の仕事も揃えていますからね。

【まとめ】スタッフファーストは官公庁の仕事に強い一方、安定性に疑問が残る

この記事ではスタッフファースがどうして「やばい」と言われているのかついて、解説しました。

最後に記事の要点をまとめます。

  • スタッフファーストのやばいと言われるデメリット
    1. 釣り求人がある
    2. 拠点数が少ない
    3. 求人数が少ないため切られた後が不安
    4. 官公庁の仕事は短期間の仕事が多い
    5. 日払いは使えるがデメリットに注意
  • スタッフファーストを利用するメリット
    1. 官公庁(国の仕事)に強い
    2. コールセンター案件の中でも給料が高い
    3. 希望に応じた勤務条件が通りやすい
    4. 一日体験入社制度で様子見ができる
    5. 髪色や服装など自由が利く

コールセンターを狙っている人なら受けておくべき派遣会社でしょう。

しかし、コールセンターに限らずに仕事を探している方は、以下の派遣会社を併願しておくことをお勧めします。

派遣会社/おすすめ度求人数対応エリアリンク
約650件一部対応
6拠点
公式HP
約38,000件全国対応
94拠点
公式HP
約36,000件全国対応
156拠点
公式HP
約10,500件全国対応
34拠点
公式HP
約17,000件全国対応
50拠点
公式HP
PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアお願いします
  • URLをコピーしました!
〜 Contents 〜