不動産事務はやめたほうがいい?5つの理由と向いていない人の特徴を解説!

本記事にはプロモーションが含まれています
悩み

不動産事務はやめたほうがいいと言われたんだけどどうして?最後の転職にしたいから失敗したくない

こんな悩みを解決します。

  • 本記事の内容
  • 不動産事務はやめたほうがいい5つの理由とは?
  • 不動産事務のやめたほうがいい人の特徴
  • 不動産事務を狙うなら派遣からがおすすめの理由

不動産事務の仕事に就こうと考えているあなた。でも、「不動産事務はやめたほうがいい」という話を聞いて不安になっていませんか?

確かに不動産事務の仕事はハードルが高いと言われています。覚えることが多く、繁忙期と閑散期の差が激しく、ミスが許されない仕事だからです。

でも、本当にそんなに大変なのでしょうか?不動産事務が向いている人、向いていない人の特徴とは何なのでしょうか?

この記事では、不動産事務の仕事の実態を詳しく解説します。メリットだけでなく、デメリットについても正直にお伝えしますので、自分に合っているかどうか判断できるはずです。

他の事務職の特徴はこちら

スクロールできます
一般事務営業事務経理事務学校事務ITサポート事務
主な業務会社すべてにかかわる事務営業部門に配属し営業をサポート会社のお金に関する仕事学校運営・管理に関する仕事企業のITシステムの運用・保守のサポート
採用難易度
専門性
必要スキル・OAスキル
・先読み力
・スケジュール管理能力
・商品知識
・臨機応変な対応力
・書類作成スキル
・会計・財務・税務の知識
・数字理解力
・法規制の知識
・学校に関する知識
・書類作成スキル
・スケジュール管理能力
・IT基礎知識
・ヒアリング力
・エクセルスキル
向いている人・マルチタスクな人
・誰かのために尽くしたい人
・事務未経験
・販売接客経験者
・聞き役の人
・事務未経験
・細かい作業が好きな人
・長く働きたい人
・ある程度事務経験あり
・教育に携わりたい人
・子育てと両立したい人
・学食を食べたい人
・ITの知識を浅く広く手に入れたい人
・トレンドが好きな人
・働く場所を問わない人
コミュニケーションの量
関連記事一般事務とは営業事務とは経理事務とは学校事務とはIT事務とは

事務職の仕事を考えているなら

先にチェック!

未経験で事務職を狙うなら無期雇用派遣がおすすめです。

事務職は倍率が0.33倍と最高難易度を誇ります。そのため未経験では採用が決まらないこともしばしば。

無期雇用派遣であれば、未経験でも採用されやすく、大手企業への直接雇用も目指せます。

事務職に強い無期雇用派遣をランキングにしました

事務職採用されやすいのが無期雇用派遣

ぱぱだんご

派遣と聞くだけで嫌がる人もいますが、多くの方が転職成功しています。

〜 Contents 〜

不動産事務はやめたほうがいい5つの理由とは?

不動産事務はやめたほうがいい5つの理由とは?

不動産事務を辞めたほうがいい理由は、下記の5つです。

  • 覚えることが多く大変だから
  • 繁忙期と閑散期の差が激しいから
  • 責任が重く、ミスが許されないから
  • 土日出勤が多いから
  • 専門知識が必要で難しいから

それでは、ひとつずつ見ていきましょう。

覚えることが多く大変だから

不動産事務は覚えることが多く、大変な仕事です。不動産業界には専門用語がたくさんあって、未経験の人にはなかなか馴染みがないんからですね。

物件情報や顧客情報など、多くのデータを正確に管理しなければいけません。

不動産事務は専門性が高いので、未経験の人にとってはハードルの高い仕事と言えるでしょう。

ぱぱだんご

実際にゼロからのスタートで、覚えることに忙殺される方は多くいらっしゃいますよ。覚悟が必要です。

繁忙期と閑散期の差が激しいから

不動産事務は繁忙期と閑散期の差が激しく、仕事量にムラがあります。

春の引っ越しシーズンや年度末は特に忙しくなるので、残業が多くなりがちなんですよね。

一方で、閑散期は暇を持て余してしまうこともあるでしょう。

仕事量の波が大きいと、メンタル面でも疲れやすくなってしまいます。

年間を通して安定した働き方を望む人には、不動産事務はおすすめでません。しかし、暇を楽しめる方であれば問題ないでしょう。

責任が重く、ミスが許されないから

不動産事務は責任が重く、ミスが許されない仕事です。

高額な物件を扱うので、ちょっとしたミスが大きな損失につながってしまいます。顧客の個人情報を扱うので、情報漏えいのリスクもありますね。

だからこそ、細心の注意を払って仕事に取り組まなければいけません。

ストレス耐性が低い人や、几帳面さに欠ける人には向いていない仕事と言えるでしょう。

土日出勤が多いから

実は不動産事務って土日出勤が多いって知ってましたか?

不動産業界は個人のお客様の都合に合わせる必要があるので、土日や祝日も営業することが多いんです。

そのため、不動産事務の人も休日出勤を求められるケースもあるんですよね。というよりも結構多い。

平日に休みを取れることもありますが、土日にゆっくり休みたい人にはおすすめできません。

不動産事務は、プライベートの時間を大切にしたい人には向いていない仕事だと言えます。

ぱぱだんご

逆に、平日のお休みになると、遊園地や映画などがガラガラなので、待ち時間なくストレスフリーですよ。

専門知識が必要で難しいから

不動産事務は専門知識が必要で、難しい仕事です。

不動産業界には法律や税金、建築に関する知識など、幅広い専門知識が求められるからですね。

特に宅地建物取引士の資格を取得するには、かなりの勉強が必要になります。

また、不動産業界の法改正などにも常にアンテナを張っておかなければいけません。

不動産事務は専門知識のアップデートが欠かせない仕事なので、勉強が苦手な人や知識を身につけるのが面倒だと感じる人には向いていないでしょう。


ここまで不動産事務のやめたほうがいい理由を解説しました。まとめると次の通りです。

  • 覚えることが多く大変だから
  • 繁忙期と閑散期の差が激しいから
  • 責任が重く、ミスが許されないから
  • 土日出勤が多いから
  • 専門知識が必要で難しいから
ももこ

事務だから土日出勤なしだと思っていたけど、意外ですね。

ぱぱだんご

そうなんです。事務職でも対一般ユーザーなのか、対企業なのかによって土日出勤率は変わるんですよ。

続いて、不動産事務をやめたほうがいい人の特徴を解説していきますね。

不動産事務のやめたほうがいい人の特徴

不動産事務のやめたほうがいい人の特徴

不動産事務をやめたほうがいい人の特徴は、下記の5つが挙げられます。

  • コミュニケーションが苦手な人
  • ストレス耐性が低い人
  • 細かい作業が苦手な人
  • 土日休みたい人
  • 専門知識を身につけるのが大変だと感じる人

それぞれの特徴について、詳しく見ていきましょう。

コミュニケーションが苦手な人

不動産事務をやめたほうがいい人の特徴として、まずはコミュニケーションが苦手な人が挙げられます。

不動産事務は、お客様や営業担当者、他部署の社員など、様々な人とコミュニケーションを取る必要があるんです。

物件の問い合わせ対応やトラブル対応など、円滑なコミュニケーション力が求められる場面がたくさんあります。

だから、人と話すことが苦手だったり、対人関係に臆病だったりする人は不動産事務に向いていないでしょう。

不動産事務は、コミュニケーション能力の高い人に向いている仕事だと言えます。

ストレス耐性が低い人

不動産事務をやめたほうがいい人の特徴として、ストレス耐性が低い人も挙げられます。

不動産事務は、お客様からのクレーム対応やトラブル処理など、ストレスフルな場面が多い仕事なんです。

繁忙期は残業も多くなるので、心身ともに疲れやすくなってしまいます。

このようなストレスに耐えられない人は、不動産事務を長く続けるのは難しいでしょう。

ストレス発散法を持っていたり、メンタルが強かったりする人でないと務まらない仕事だと言えます。

細かい作業が苦手な人

不動産事務をやめたほうがいい人の特徴として、細かい作業が苦手な人も挙げられます。

不動産事務は、契約書の作成や物件情報の入力など、細かい作業が多い仕事なんです。

数字の打ち間違いや入力ミスは許されないので、常に集中力を保たなければいけません。

だから、ミスが多い人や集中力が続かない人は、不動産事務に向いていないでしょう。

不動産事務は、几帳面で正確な作業ができる人に向いている仕事だと言えます。

土日休みたい人

不動産事務をやめたほうがいい人の特徴として、土日休みたい人も挙げられます。

不動産業界は、お客様の都合に合わせて土日も営業することが多いんです。

そのため、不動産事務の人も土日出勤を求められるケースが少なくありません。

平日に休みを取れることもありますが、完全週休2日制ではないことが多いです。

だから、土日にゆっくり休みたい人や、プライベートの予定を入れたい人には不向きな仕事だと言えるでしょう。

専門知識を身につけるのが大変だと感じる人

不動産事務をやめたほうがいい人の特徴として、専門知識を身につけるのが大変だと感じる人も挙げられます。

不動産業界には、法律や税金、建築に関する専門知識が必要不可欠なんです。

特に宅地建物取引士の資格を取得するには、かなりの勉強が必要だと言われています。

また、不動産業界の法改正などにも常にアンテナを張っておかなければいけません。

だから、勉強が苦手な人や知識のアップデートが面倒だと感じる人は、不動産事務に向いていないでしょう。

不動産事務は、専門知識を身につける意欲がある人に向いている仕事だと言えます。

不動産事務をやめないほうがいい人の特徴

不動産事務をやめないほうがいい人の特徴

不動産事務をやめないほうがいい人の特徴は、下記の5つが挙げられます。

  • 人と接するのが好きな人
  • 責任感が強くやりがいを感じられる人
  • 細かい作業が得意な人
  • 専門知識を身につけるのが好きな人
  • キャリアアップを目指したい人

それぞれの特徴について、詳しく見ていきましょう。

人と接するのが好きな人

不動産事務をやめないほうがいい人の特徴として、人と接するのが好きな人が挙げられます。

不動産事務は、お客様対応や営業担当者との連携など、人と接する機会が多い仕事なんです。

物件の問い合わせ対応やお客様のニーズをヒアリングするなど、コミュニケーション能力が求められます。

だから、人と話すことが好きで対人関係を築くのが得意な人は、不動産事務に向いているでしょう。

不動産事務は、コミュニケーション能力の高い人に向いている仕事だと言えます。

責任感が強くやりがいを感じられる人

不動産事務をやめないほうがいい人の特徴として、責任感が強くやりがいを感じられる人も挙げられます。

不動産事務は、お客様の大切な財産を扱う仕事なんです。

だから、ミスが許されない場面も多く、常に緊張感を持って仕事に取り組まなければいけません。

でも、お客様の満足度を高められたりトラブルを未然に防げたりすると、大きなやりがいを感じられるでしょう。

このように、責任感が強く仕事にやりがいを感じられる人は、不動産事務に向いていると言えます。

細かい作業が得意な人

不動産事務をやめないほうがいい人の特徴として、細かい作業が得意な人も挙げられます。

不動産事務は、契約書の作成や物件情報の入力など、細かい作業が多い仕事なんです。

数字の打ち間違いや入力ミスは許されないので、常に集中力を保たなければいけません。

だから、几帳面で正確な作業ができる人は、不動産事務に向いているでしょう。

不動産事務は、ミスが少なく丁寧な仕事ぶりが求められる仕事だと言えます。

専門知識を身につけるのが好きな人

不動産事務をやめないほうがいい人の特徴として、専門知識を身につけるのが好きな人も挙げられます。

不動産業界には、法律や税金、建築に関する専門知識が必要不可欠なんです。

特に宅地建物取引士の資格を取得するには、かなりの勉強が必要だと言われています。

また、不動産業界の法改正などにも常にアンテナを張っておかなければいけません。

だから、勉強好きで知識のアップデートを楽しめる人は、不動産事務に向いているでしょう。

専門知識を身につけることで、キャリアアップのチャンスも広がります。

キャリアアップを目指したい人

不動産事務をやめないほうがいい人の特徴として、キャリアアップを目指したい人も挙げられます。

不動産事務の経験を積むことで、宅地建物取引士の資格取得や営業職へのキャリアチェンジなど、様々なキャリアアップの可能性があるんです。

また、不動産業界では管理職や店長など、責任あるポジションに就くチャンスもあります。

このように、不動産事務は、キャリアアップを目指す人にとって魅力的な仕事だと言えるでしょう。

不動産事務は、長期的なキャリア形成を考えている人に向いている仕事だと言えます。

不動産事務を狙うなら派遣からスタートがおすすめ!その理由は5つ

不動産事務を狙うなら派遣からスタートがおすすめ!その理由は5つ

不動産事務を狙うなら、派遣からスタートすることをおすすめします。その理由は下記の5つです。

  • 不動産業界を知るチャンスになる
  • 正社員雇用のハードルが下がる
  • 自分に合うかどうか確かめられる
  • スキルアップのチャンスが多い
  • 将来的に直接雇用を狙える

それぞれの理由について、詳しく見ていきましょう

事務職に強い無期雇用派遣をランキングにしました

事務職採用されやすいのが無期雇用派遣

不動産業界を知るチャンスになる

不動産事務の派遣を経験することで、不動産業界を知るチャンスになります。

不動産業界は、売買や賃貸、管理など幅広い業務があるんです。

派遣で様々な不動産会社を経験することで、自分に合った業務や会社を見つけやすくなるでしょう。

また、不動産業界特有の専門用語や知識も、実際の業務を通して身につけることができます。

不動産事務の派遣は、不動産業界への入り口として最適だと言えます。

正社員雇用のハードルが下がる

不動産事務の派遣経験があると、正社員雇用のハードルが下がります。

不動産会社の多くは、即戦力となる人材を求めているんです。

だから、不動産事務の経験がある人は、未経験者よりも採用されやすい傾向にあります。

また、派遣先で実力を発揮できれば、そのまま正社員として雇用してもらえるケースもあるでしょう。

不動産事務の派遣は、正社員雇用への近道になり得ます。

自分に合うかどうか確かめられる

不動産事務の派遣を経験することで、自分に合うかどうか確かめられます。

不動産事務は、コミュニケーション能力や正確性、専門知識が求められる仕事です。

実際に業務を経験してみないと、自分に向いているかどうか分からないこともあるでしょう。

派遣であれば、短期間で様々な会社を経験できるので、自分に合う仕事や環境を見つけやすくなります。

不動産事務の派遣は、自分の適性を見極めるのに最適だと言えます。

スキルアップのチャンスが多い

不動産事務の派遣を経験することで、スキルアップのチャンスが多くあります。

不動産業界では、宅地建物取引士などの資格を取得することで、キャリアアップが狙えるんです。

派遣先の業務を通して、資格取得に必要な知識を身につけることができるでしょう。

また、様々な会社で経験を積むことで、不動産事務のスキルを磨くこともできます。

不動産事務の派遣は、スキルアップを目指す人にとって、おすすめの選択肢だと言えます。

将来的に直接雇用を狙える

不動産事務の派遣から始めることで、将来的に直接雇用を狙えます。

派遣先の企業で実力を発揮できれば、正社員としての採用に繋がる可能性があるんです。

実際に、派遣から正社員になったという事例も少なくありません。

また、派遣での経験を活かして、他の不動産会社に転職することもできるでしょう。

不動産事務の派遣は、将来のキャリア形成に役立つ選択肢だと言えます。


ぱぱだんご

派遣と聞くと嫌がる方もいますが、実はメリットも豊富なんですよ

ももこ

正社員を考えていない方は一般派遣がおすすめですね

\ 派遣からはじめるメリットも解説してるよ

まとめ|不動産事務をやめたほうがいい理由と向いていない人の特徴

スクロールできます
不動産事務をやめたほうがいい理由不動産事務に向いていない人の特徴不動産事務に向いている人の特徴不動産事務を目指すなら派遣がおすすめな理由
1. 覚えることが多く大変1. コミュニケーションが苦手1. 人と接するのが好き1. 不動産業界を知るチャンスになる
2. 繁忙期と閑散期の差が激しい2. ストレス耐性が低い2. 責任感が強くやりがいを感じられる2. 正社員雇用のハードルが下がる
3. 責任が重く、ミスが許されない3. 細かい作業が苦手3. 細かい作業が得意3. 自分に合うかどうか確かめられる
4. 土日出勤が多い4. 土日休みたい4. 専門知識を身につけるのが好き4. スキルアップのチャンスが多い
5. 専門知識が必要で難しい5. 専門知識を身につけるのが大変5. キャリアアップを目指したい5. 将来的に直接雇用を狙える

不動産事務は、覚えることが多く責任が重い仕事ですが、人と接するのが好きで専門知識を身につけるのが好きな人には向いています。一方、コミュニケーションが苦手でストレス耐性が低い人には向いていません。不動産事務を目指すなら、まずは派遣からスタートすることがおすすめです。派遣を経験することで、不動産業界を知るチャンスになり、自分に合うかどうか確かめられます。また、スキルアップのチャンスが多く、将来的に正社員雇用を狙うこともできます。

PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアお願いします
  • URLをコピーしました!
〜 Contents 〜