一般事務はきついの?向いてない、辞めたいと考える人の理由を派遣担当が解説

本記事にはプロモーションが含まれています
  • この記事で解決できる悩み
  • できるだけ楽な仕事を探してるけど、一般事務はきついの?
  • 一般事務をしたいけど、自分に向いてるのかな?
  • 一般事務で失敗しにくい転職方法を知りたい

事務職は、多くの職種の中でも人気があり、特に未経験の方にはおすすめです。一方で、一般事務がきついと感じる原因は主に3つあります。

  1. 限られた人間関係
  2. スキルの成長が感じにくく、マンネリしやすい
  3. 雑用が多いこと

きついと感じる人の多くは、事務職に高い期待を持ち入社します。しかし、入社前の理想と現実のギャップに落胆することも。

事前に一般事務の実情を知ることで、失敗しない転職ができますよ。

先にチェック!

未経験で一般事務を狙うなら無期雇用派遣がおすすめです。

一般事務は倍率が0.33倍と最高難易度を誇ります。そのため未経験では採用が決まらないこともしばしば。

無期雇用派遣であれば、未経験でも採用されやすく、大手企業への直接雇用も目指せます。

事務職に強い無期雇用派遣をランキングにしました

事務職採用されやすいのが無期雇用派遣

ぱぱだんご

派遣と聞くだけで嫌がる人もいますが、多くの方が転職成功しています。

〜 Contents 〜

一般事務がきついと言われる7つの理由

一般事務がきついと言われる7つの理由

一般事務がきついと言われる原因は大きく7つあります。

ぱぱだんご

ひとつひとつ見てみましょう。

仕事の範囲が広く、都合のいいように使われる

一般事務がきついとされる理由の一つは、仕事範囲が広く、都合よく使われがちなことです。役割やスキルが明確でないため、様々な部署や業務をサポートし、雑用になりやすいんです。

例えば、電話対応、書類作成、データ入力、会議準備、議事録作成などです。専門スキルを必要としないため、依頼があって初めて行う仕事が多いです。自分で進んで取り組むより、周囲の状況に合わせて動くことが多く、仕事範囲が広がりがちです。その結果、都合のいいように使われることも。

また、予期せぬクレーム対応やお客様対応なども依頼されることがありますよ。

ぱぱだんご

正社員として採用された場合、営業部門に回されることもよくある話ですね。

人間関係がきつい

一般事務で人間関係が悪くなると地獄絵図になります。外出が少なく、毎日同じ場所で同じ人たちと仕事をするのが理由です。

職場から逃れたくても逃げ道がないんですよね。たまに、職場の雰囲気を悪くする社員もいます。例えば、お局さんがそうかもしれません。

さらに、毎日限られた人間関係の中で働くため、新しい人との関わりが少なく、学校のような環境になりがちです。職場環境が良ければ問題ないのですが、そうでない場合は、入社してすぐに「終わった」と感じることもありますよ。

ぱぱだんご

ちなみに慣れてきたら回避方法も身についてくるんで安心してください。

スキルの成長を感じなく将来不安になる

一般事務の仕事は単調で、毎日似たようなことの繰り返しが多いです。

退職する人の中には、「単調作業がつまらん」という方もいます。

自分で考える機会が少なく、会社の方針決定にも関わりません。入社して1年経っても、仕事内容は変わらず、自分の意見を言いづらい状況になることもあるんです。

そうなると、モチベーションを維持することが難しくなってくるのです。

給料が他の職種と比べると低い

一般事務の平均時給は約1,300円で、月収にすると20万円前後になります。

求人誌に書かれている時給と実際の時給が異なる場合があります。

求人誌に掲載されているのは、経験者用の時給であり、その会社が出せる最高時給の金額が記載されているためです。

また、一般事務は、その会社の社員がカバーできる仕事であるため、専門知識を必要としないのです。そのため、未経験での求人も多く、倍率が高まるのです。

ぱぱだんご

倍率が高まると、企業側は「安く、かつ出来る人材」を選びます。

ももこ

そのため、内定をもらうためには、高望みせず、我慢して入社しなければいけないんですね。

運動不足になりがち

一日中デスクワークをしていると、運動不足になりがちですね。

同じ職場の人に、バランスボールを椅子の代わりに使っている人がいましたが、果たしてそれが効果的だったのでしょうか…ちょっと謎ではありますが。

転職前は、販売職やサービス業に従事していた人が、体重が増えてしまうことが多いです。

一般事務は基本的にデスクワークが中心ですので、運動不足解消の方法を考えながら仕事をすると良いでしょう。

お局の存在

職場に一人はいるだろうおつぼねさん。

自分の権威を見せようと、周りを下に見たり、グチグチ言ってくるのが特徴的ですね。

新人として入社した際、必ずと言っていいほど目の敵にされるでしょう。

人間関係が悪いと悩む方の殆どは、特定の人(お局が多い)で悩んでいることが多く、職場の人全員が嫌だというわけではありません。

ぱぱだんご

きっとおつぼねさんを嫌っている人は貴方だけではありませんので、グチグチ言われても放置しておきましょう。

理想と現実のギャップが激しい仕事だから

一般事務の仕事は、華やかなものに見えますが、実際には地道な作業が多いです。また、仕事がなれないからこそ効率が悪くなり残業になりがちでしょう。

そのため、一般事務未経験者は、理想と現実のギャップに苦しみます。


ここまで一般事務がきついと言われる理由を7つ解説しました。

改めてまとめると次のとおりです。

ももこ

一般事務とは、土日が休みで定時に働けることや、体力的にも負担が少なく働けることがメリットですが、同時にデメリットもあるんですね。

ぱぱだんご

そうですね。他の職種と比べると、離職率は比較的低いですが、それでも一部の人は辞めてしまいます。

次の章では、すでに事務職に就いている方が、どのような理由で退職されるのかをみてみましょう。

「きつい」と辞める人の退職理由とは?

一般事務がきつくて辞める人の4つの退職理由とは?

一般事務の転職で失敗しないためには、事前に一般事務を退職する理由を知ることが大切です。

どの業種でも人間関係の退職理由が最も高いため、人間関係以外で解説していきます。

業務内容がつまらない

ある程度仕事に慣れると、単調な作業になることがあります。

事務職の業務には、売上伝票や仕入伝票などの伝票処理、日報の作成、補助書類の作成などがあります。

最初は一生懸命覚えることが多いですが、慣れてくるとただ作業している状態になってしまいます。

仕事の変化が少ないため、変化を求める人にとっては厳しい現実が待ち受けているのです。

給料が低い

一般事務平均給料

引用:求人ボックス給料ナビ

一般事務の平均年収は正社員で323万円

派遣社員で見ると年収で平均時給1,292円と平均月収は約20万です。

一般事務の評価基準は非常にあいまいなため、給料が上がる明確な基準がありません。

そのため、キャリアアップして給料を上げていきたい方には不向きです。

一般事務に入社するときは

  • サポートに徹していきたい
  • ノルマがなく安定していきたい

と考えていても、仕事をする中で思考が変わってくることもあります。

労働時間が長く、家事との両立ができなかった

一般事務残業時間

引用:平均残業時間ランキング【94職種別】 今の仕事の残業は少ない?多い? |転職ならdoda(デューダ)

一般事務は残業がないと言われがちですが、実は平均で14時間/月の残業があります。

無期雇用派遣のファンタブル(funtable)でも平均残業実績を20時間/月と開示しています。

残業時間は毎日平均的に残業するのではなく、月末月初にかたよる傾向があります。

残業しないからワークライフバランス取りやすいと考えている方はギャップに感じやすいでしょう。

上司や社長の仕事の仕方が気にくわない

上司や社長の仕事が気にくわず、ストレスが爆発した結果退職する方もいます。

  • 上司が自分の意見を聞いてくれない
  • 仕事を振られるが内容が曖昧すぎる
  • 上司の仕事が適当で事務の仕事の範囲を超えている
  • その割に「やって当たり前」の風潮がある

一般事務は会社で行う業務のサポートがメインになります。

そのため、周囲の社員が雑に仕事をしたらその分しわ寄せが来るのです。

めっちゃストレスたまりますね。


  • 一般事務を辞めたいと思ったら

一般事務を辞めるときは、自分で行動しても変化がなかった場合がいいですよ。しかし、何もせずに辞めるのは次の職場でも同じ理由で辞める可能性があるので、避けた方がいいでしょう。

辞めたい原因の多くは人間関係です。人間関係は自分の行動で変えられます。

例えば、職場でAさんは環境が良いと感じていますが、Bさんは環境が悪いと感じていることがあります。Aさんは自分から積極的に質問しているのに対し、Bさんは受け身で待っているだけだったんです。

周りの環境は自分の行動次第で変わります。辞める前に、自らできる行動を考えてみるのが良いでしょう。

もし、入社後に不安がある場合は、派遣会社を利用してみることをお勧めします。

派遣会社を使ってみるメリットは4つ
  1. 終業後のサポートもしてくれ、場合によっては仲介に入ってくれる
  2. 万が一派遣先が合わなかったとしても、勤務先を変更してくれる
  3. 未経験でも入社しやすい
  4. スキル不足を感じた時、派遣会社が研修をしてくれる

ここまで一般事務をやめる人の理由を解説しました。

  • 業務内容がつまらない
  • 給料が低い
  • 労働時間が長く、家事との両立ができなかった
  • 上司や社長の仕事の仕方が気にくわない
ぱぱだんご

改めてまとめるとこういった理由です。

ももこ

一般事務はストレスがかなりかかりそうな仕事ですね。でも、なんとなく私は事務職向きな感じがします。

ぱぱだんご

次に章から、一般事務のメリットも見てみましょうか。

一般事務で働く5つのメリット

一般事務で働く5つのメリット

一般事務のメリットは5つあります。

  • 未経験でもチャレンジしやすい
  • 勤務時間と曜日が安定
  • 数字的ノルマがない
  • 慣れたら楽
  • 今後のキャリアアップが豊富

未経験でもチャレンジしやすい

一般事務の仕事は、専門的な知識や高いスキルは必要としません。

そのため未経験でも採用可能となっていることが多いですね。

大手企業の場合、社内専用のシステムを使っていることが多く、入社後に新たに覚えることのほうが圧倒的に多いでしょう。

勤務時間や曜日が安定

「土日休み」「定時退社」は特に魅力的ですよね。特に前職で土日勤務だった方には、天国に感じられるでしょう。土日にイベント参加や、なかなか会えなかった友人との時間を楽しめます。

大型連休の存在も魅力の一つです。一般事務では、休日に仕事の連絡が入ることはほとんどありませんから、仕事とプライベートの切り替えがしやすいですよ。

ただし、残業は月平均約14時間ありますので、その点は覚えておくと良いですね。定時で帰ることは多いですが、月末月初など忙しい時期もありますから。

数字的ノルマがない

事務職は販売接客業からの転職者が多いです。日々ノルマやプレッシャーを感じながらやっていましたからね。

ノルマに追われる日々から解放されるはず。その分ノルマに追われている営業を応援してサポートしてあげましょう。

クレーム対応も営業事務に比べて入りにくいです。

慣れたら楽

一般事務はルーティン業務を行うことが多い特性上、慣れてしまったら楽です。

突発的な業務も出てきますが、突発業務も事前察知が可能です。

慣れるまでの期間は人それぞれですが、半年から一年で慣れる方が多い傾向にあります。

今後のキャリアアップが豊富

一般事務だけではキャリアアップは難しいかもしれません。でも、次のことを考えてみてはどうでしょう?

  • 専門性の高い事務職、例えば経理事務への転職
  • 時短勤務や在宅ワークで高時給を目指す
  • 副業で収入をアップさせる

一般事務をしながら簿記の資格を取って経理事務を目指す人もいます。さらに、主婦の方が事務職経験を活かして在宅ワークを実現している例もありますよ。

AIが発展しても、事務職経験者の需要はなくならないでしょう。機械にはできない、あなたの価値があるからです。


ももこ

こう見ると、やっぱり事務職っていいなぁって思います。

ぱぱだんご

たしかに、事務職は圧倒的人気を誇る職ですからね。期待だけ膨らませないでおくことで、入社後に失敗しにくくなります。

ももこ

でも一般事務以外にも事務職はいっぱいあるけど、何が違うの?

ぱぱだんご

気になりますね。次の章から別の事務職と比較してみましょう。

未経験で事務職を狙うなら無期雇用派遣がおすすめ

採用されやすいのが無期雇用派遣

一般事務は他の事務職と何が違う?

チャート

ここからは、一般事務をより深く理解するために、他の事務職との役割の違いを解説していきますね。

  • 営業事務など他の事務職とは何が違うの?
  • 一般事務の仕事内容

営業事務など他の事務職とは何が違うの?

簡単に表にまとめてみました。

スクロールできます
一般事務営業事務経理事務学校事務ITサポート事務
主な業務会社すべてにかかわる事務営業部門に配属し営業をサポート会社のお金に関する仕事学校運営・管理に関する仕事企業のITシステムの運用・保守のサポート
採用難易度
専門性
必要スキル・OAスキル
・先読み力
・スケジュール管理能力
・商品知識
・臨機応変な対応力
・書類作成スキル
・会計・財務・税務の知識
・数字理解力
・法規制の知識
・学校に関する知識
・書類作成スキル
・スケジュール管理能力
・IT基礎知識
・ヒアリング力
・エクセルスキル
向いている人・マルチタスクな人
・誰かのために尽くしたい人
・事務未経験
・販売接客経験者
・聞き役の人
・事務未経験
・細かい作業が好きな人
・長く働きたい人
・ある程度事務経験あり
・教育に携わりたい人
・子育てと両立したい人
・学食を食べたい人
・ITの知識を浅く広く手に入れたい人
・トレンドが好きな人
・働く場所を問わない人
コミュニケーションの量
関連記事一般事務とは営業事務とは経理事務とは学校事務とは現在作成中

ここでは、一般事務と同レベルで未経験に人気のある「営業事務」と比較します。

営業事務は、営業担当者のサポートがメインで、仕事の範囲は営業部門に限定されます。

営業資料の作成や受発注業務、クライアントとのやり取り、商品在庫の管理など、営業部門に深く関わることになります。

一方、一般事務は、どの部門でも発生する業務に柔軟に対応しなければならず、資料の作成やファイリング、電話応対、経理や庶務などを行います。

営業事務はこんな仕事をします
  • 見積書の作成
  • 申込書の作成・回収
  • そこに伴い、お客様と電話やメールでのやり取り

営業事務は社内の人とのコミュニケーションが多いと思いきや、取引先とのコミュニケーションが多いのです。

関連記事:営業事務はやめとけ?向いていない人や辞めたいという前に知ってしておきたい現実

一般事務の仕事内容

一般事務は部署全体のサポートが主になる仕事です。

こんな仕事が多いよ♪
  • 来客対応
  • 他部署との調整業務
  • 備品の発注や管理
  • 郵便物の荷物発送
  • 会議資料の作成
  • 売上管理やタスク管理のリマインド

社内に対してのサポートがメインとなってくるため、社外の人とコミュニケーションをとることは少ないのです。

一般事務に向いてる人向いていない人の特徴は?

一般事務に向いてる人向いていない人の特徴は?
向いてる人
向いてない人
  1. 決まった習慣を継続できる人
  2. 人前で目立つよりも裏方として働きたい人
  3. ルールやマニュアルに沿って仕事ができる人
  4. 仕事だけではなくプライベートも大切にしたい人
  5. 結婚後も長く仕事を続けていきたい人
  6. 聞き役になることが多い人
  1. 1つの作業にすぐに飽きてしまう人
  2. 数字や頑張りを評価されたい人
  3. 独自性を出して働きたい人
  4. プライベートを削ってでもお金を稼ぎたい人
  5. 内向的な人

一般事務はきまったルールやマニュアルを徹底的にこなします。コミュニケーションを多くとるため、内向的な方には不向きでしょう。

一般事務=パソコンカタカタではありません。

社内のコミュニケーションをとり業務が円滑に回ることをサポートしていくことが仕事のため、細かなところにも注意を払わなければなりませんからね。

その分ストレスがかかる仕事ではありますが、縁の下の力持ちの仕事ですね。

また、「臨機応変な対応」が重要です。業務範囲が広いため、経験がない業務も担うことがあります。できないと言うのではなく、自分で調べて業務を進める必要があるんです。

一般事務で失敗したくないなら、会社選びと雇用形態が大切

事務職で失敗したくないなら、会社選びと雇用形態が大切

事務職の雇用形態

事務職には4つの雇用形態があります。

雇用形態正社員契約社員派遣社員パート
メリット・ボーナスあり・入社しやすい・給料が高水準・入社しやす
・安定・自分で会社を選べる・未経験でも入社しやすい・短時間勤務など時間と日数の調整がしやすい
・転勤がない・入社後も派遣会社のサポートがある
デメリット・部署移動あり・給料が低い・やばい派遣会社が雇用主だと、使い古されて終わる・給料が安い
・採用が決まりにくい・5年間しか働けない・同じ職場に3年しか働けない・急に出勤日数が減ることがある
・ブラックな会社が割りと多い
向いてる人・安定した雇用を求める人・一定期間の雇用で働きたい人・事務職未経験・扶養の範囲内で働きたい人
・専門的なスキルを持ってる人・今までの仕事で失敗経験がある人
・ある程度働き方を選びたい人
向いてない人・自由な時間を重視する人・安定した雇用を考えている人・自分で交渉できる人・20代、30代全般の働き盛りの人
・同じ職場で働き続けたい人・スキルが高い人

おすすめは派遣から正社員を目指す方法

事務職未経験で、正社員を目指している人の最短ルートは派遣会社の「無期雇用派遣(正社員型派遣)」です。

合格率が高く、将来派遣先企業の正社員になるチャンスが高いことが特徴。

派遣会社の社員として、派遣先企業に行きますので、

  • 手の届かなかった大手企業に就職できる可能性がある
  • 派遣社員として働いた後に直接雇用するかを決められる
  • 勤務期間中も派遣会社からのサポートがある

以上のメリットがあります。

しかし、派遣会社選びで間違えると後悔することもあります。使い古されて終わるんですね。

わたし自身、同業者として優良企業と感じる派遣会社は「マイナビキャリレーション」と「ファンタブル」です。

マイナビキャリレーションはサポートが手厚く、ファンタブルは企業の直接雇用を目的としたサービスであり、直接雇用の支援を行ってくれます。

それぞれの運営している会社も誰もが知る大手企業のため安心ですよ。

事務職に強い無期雇用派遣をランキングにしました

事務職採用されやすいのが無期雇用派遣

ぱぱだんご

派遣と聞くだけで嫌がる人もいますが、多くの方が転職成功しています。

よくある質問

よくある質問

一般事務の年収はいくらくらいですか?

おおよそ320万円が正社員の平均年収です。

派遣社員となると月収が20万

無期雇用派遣では20万+ボーナスとなります。

事務職はなんで人気なの?

週休2日休みが取れる場合が多い 休暇が充実している 残業が少ない 転勤が少ない 仕事とプライベートの両立がしやすいため。

事務職は暇なとき何をしているの?

  • 周りの人に手伝える仕事がないかを聞く
  • タイピング練習
  • 仕事をしているふりをする
  • お茶休憩
  • ネットサーフィン

事務職の倍率は高すぎる

事務職は10名応募したら3名が決まる確率です。

有効求人倍率が0.33倍と、業種別でみても最高難易度です。

事務経験者もゴロゴロいる中で、未経験者はなかなか採用されません。

未経験者が面接で経験者よりも優位に立てるポイントは「熱意」と「柔軟さ」です。

また、採用されやすい雇用形態は派遣社員です。

派遣の中でも無期雇用派遣を選択することで採用率が上がり、将来大手企業の事務に直接雇用できるチャンスが広がります。

無期雇用派遣については本記事で解説しています。

【まとめ】一般事務はきついのか?

この記事では、一般派遣がきついと言われる原因や、実際の退職理由、未経験者が感じる4つの壁について解説しました。

要点をまとめると次のとおりです。

  • 一般事務がきついと感じる原因は、人間関係が限られ、業務の範囲が広いため。
  • 事務職は今後のキャリアアップを目指せる
  • 未経験で仕事に不安のある方は、無期雇用派遣を利用して行くと、入社しやすくサポートが手厚い

一般事務は事務職の中でも未経験が入りやすい事務職です。

そこからキャリアを積み、営業事務や経理事務を目指してみるのも一つの手でしょう。

事務職に強い無期雇用派遣をランキングにしました

事務職採用されやすいのが無期雇用派遣

PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアお願いします
  • URLをコピーしました!
〜 Contents 〜