派遣更新しないのはスキル不足が原因!現役派遣営業が赤裸々に解説

本記事にはプロモーションが含まれています
悩み

派遣営業から「来月で更新なし」って言われたけどなんで?絶対スキル不足だと思うのに、派遣先の人が充足下とか言われるし。

こんな悩みを解決します。

  • 本記事の内容
  • スキル不足で派遣更新しないのはありなの?
  • スキル不足で派遣更新されない本当の5つの理由
  • スキル不足以外に更新されないスキルは?
  • 簡単に自己紹介
ぱぱだんご自己紹介

私のプロフィールはこちら

来月から派遣の更新なしと言われたら、どうしようって頭が一瞬真っ白になりますよね。

さらに本音も教えてくれないから、何を気をつければいいのか分からない始末。次の仕事に対しても怖くなることでしょう。

そんな悩みを本記事で全て解決しますね。

派遣の更新されない理由はほとんどがスキル不足です。

ぱぱだんご

派遣営業が言ってくれないことを、現役派遣営業の私が解説します。

〜 Contents 〜

スキル不足で派遣更新しないってありなの?

スキル不足で派遣更新しないってありなの?

はじめに、スキル不足を理由に派遣契約が更新されないケースについて解説しましょう。

実際のところ、これは法的に問題のないことなのです。でも、派遣会社としては伝えにくい理由でもあります。

それでは、詳しく見ていきましょう。

法的には問題はない

大前提として、スキル不足で派遣契約を更新しないことは、法的に問題ありません。

派遣先企業には、契約期間満了時に更新しない自由が認められているからです。

  • 契約期間が終了したら、更新するかどうかは派遣先次第
  • スキルを理由に更新しなくても、法的には問題なし
  • ただし、期間途中の解雇は休業補償の対象になることも

つまり、契約期間満了のタイミングであれば、派遣先企業は自由に判断できるということ。

スキル不足を理由にするのも、違法行為ではないのです。

ただし、注意点もある

期間の途中で突然、「スキル不足だから、今日限りで契約終了」などと言われたら、話は別。

そんなケースでは、派遣先企業に休業補償を請求できることがあるんです。

いずれにせよ、派遣契約の更新は、派遣先企業の判断次第。

スキル不足を理由にされて、納得がいかない部分もあるかもしれません。でも、法的には仕方のないことなのです。

スキル不足と伝えられずに更新されないこともある

一方で、スキル不足と明言されずに契約更新されないこともあります。

派遣先企業としても、スキル不足という理由は伝えにくいもの。なぜなら、数字では表しにくい曖昧な評価だからです。

  • 「スキルが足りない」と言われても、具体的にどこが足りないのか分からない
  • 評価基準があいまいだと、派遣社員も納得しづらい
  • だからこそ、別の理由を言われることも

よくあるのが、こんな理由を告げられるケース。

  • 「人員が埋まってしまって…」
  • 「派遣の予算が削減されたんです」

派遣先企業は、こんな風に言葉を濁すことがあります。

ぱぱだんご

本当の理由はスキル不足なのに、伝えづらいが故の”建前”なのです。

ももこ

でも、それじゃあ改善のしようがないですよね

もし、スキル不足が原因だと分かれば、自分で課題を見つけられるかもしれません。

でも、本当の理由が見えないと、どうしようもないのです。

スキル不足を理由にした派遣契約の更新拒否。それ自体は違法ではありません。

でも、派遣社員にとっては、なんとも歯がゆい話と言えるでしょう。

ここからは、スキル不足が理由で更新されない人のやりがちな思考法を5つ解説しますね。

スキル不足で派遣更新されない人が陥る5つの思考パターン

スキル不足で派遣更新されない人が陥る5つの思考パターン

派遣社員がスキル不足で契約更新されない原因には、いくつかの思考パターンがあります。

それでは、どのような思考パターンがスキル不足につながるのか、以下の5つのポイントで解説していきましょう。

  • ビジネスの土台スキルと業務スキルの区別
  • 自主勉強不足
  • 業務に必要なスキルの理解不足
  • 一人で抱え込む傾向
  • 自分はできないという思い込み

これらの思考パターンを理解し、改善していくことが、スキル不足を解消するための第一歩となります。

それでは、1つずつ詳しく見ていきましょう。

①:「ビジネスの土台」「業務に必要なスキル」を分けて考えていない

まず、ビジネスの土台スキルと業務に必要なスキルを区別して考えることが大切です。

例えばこんなスキル
どんな仕事でも必要になる基本的なスキル
  • 報連相
  • コミュニケーションスキル
  • 調べる力
  • 能動的な姿勢

一方、業務に必要なスキルは、その仕事特有のスキルを指します。一般事務の場合は、Excelスキルや見積もり作成などが該当しますね。

実は、スキル不足で更新されない原因の多くは、ビジネスの土台スキルが足りていないことなのです。

  • 報連相ができていない
  • 積極的にコミュニケーションを取れていない
  • 受け身の姿勢が目立つ

土台スキルが身についていないと、業務スキルがあっても評価されにくくなってしまいます。

ビジネスの土台スキルを身につけることが、派遣社員としてのスキルアップの第一歩と言えるでしょう。

ぱぱだんご

事務も派遣も向いていないと感じていた私が陥っていたのが、小手先のスキルを求めていた事でした。

同じよにどんな仕事も向いていないと感じている方は【事務も接客も向いていないと感じていた私に伝えたい6つのコツ】をご覧下さい。

②:自主勉強が足りていない

次に、自主勉強不足もスキル不足の原因の1つです。

今は、業務時間外まで勉強を強要するようなブラックな企業はほとんどありません。しかし、自主的に勉強することは大切です。

特に、一日の終わりに復習する習慣をつけることをおすすめします。入社後は覚えることが多く、頭がパンクしがちですよね。

仕事に追われる毎日だと、どうしても仕事が億劫になってきます。でも、自ら勉強することで、次の好循環が生まれるのです。

自主勉強することでの好循環

  • 仕事を覚えるスピードが上がる
  • 上司から褒められるようになる
  • やる気が上がり、自信がつく
  • 行動力がアップする

入社後の最初の3ヶ月は、自主勉強を習慣づけるチャンスです。その後は、無理にやる必要はありません。

それこそ、毎日30分だけ復習する時間を設けてみましょう。

ぱぱだんご

最初はめんどいと思いますが、きっと変化を感じられるはずですよ。

③:業務に必要なスキルを理解できていない

3つ目は、業務に必要なスキルを理解できていないこと。

あなたのやっている仕事は、会社全体の業務のどの部分に当たるのでしょうか?

目先の仕事をこなすだけでは、全体像が見えにくくなります。

仕事を依頼されるときは、「その仕事の目的と背景」を確認する癖をつけましょう。

  • なぜ、この仕事が必要なのか?
  • 完成後、どのように使われるのか?
  • 依頼主が求めているものは何か?

これらを意識するだけで、仕事の質は大きく変わります。

依頼内容を鵜呑みにするのではなく、一歩引いて全体を見渡す習慣をつけていきましょう。業務スキルの向上にもつながるはずです。

④:一人でなんでもやろうとしてしまっている

スキル不足の4つ目の原因は、一人でなんでもやろうとする傾向です。

確かに、個人経営の場合は一人で対応しなければなりません。しかし、会社ではチームで仕事をすることが求められます。

分からないことがあったら、すぐに上司や先輩に相談しましょう。それこそが、仕事の土台である「相談スキル」なのです。

一人で抱え込んでいては、問題解決に時間がかかるだけです。特に、大企業になるほどマニュアルの量は膨大で、全てを把握するのは困難です。

  • 作業が滞ったら、すぐに相談する
  • 報連相を徹底し、情報を共有する
  • 一人で悩まず、チームの力を借りる

このように、周りを頼ることで、仕事の効率は格段に上がります。

分からないことがあったら、恥ずかしがらずに相談する習慣をつけましょう。強い個人ではなく、強いチームの一員になることが、あなたの成長につながるはずですよ。

⑤:「自分はできないんだ」と思いながら仕事をしている

最後は、「自分はできないんだ」と思いながら仕事をすることです。

自分にはできないと考えると、発言量と行動量が大きく下がります

すると、コミュニケーションが億劫になり、人間関係が悪化。

会社にいることが苦痛になり、最終的には「辞めたい」と考えるようになるのです。でも、最初から仕事ができる人なんていません。

大切なのは、「できない自分」ではなく、「できるようになる自分」をイメージすること。

  • 失敗を恐れず、チャレンジする
  • 小さな成功体験を積み重ねる
  • できない自分を受け入れる

失敗が怖いから行動できないのではありません。行動しないから怖いんです。

完璧な自分を求めるのではなく、今の自分を認めることが成長の第一歩。

できない自分を受け入れつつ、一歩ずつ前進していく。そんな柔軟なマインドセットを大切にしていきたいですね。

スキル不足以外で派遣更新されない要因とは?

スキル不足以外で派遣更新されない要因とは?

さて、スキル不足以外にも、派遣更新されない理由はあります。

ここからは、代表的な3つの要因を見ていきましょう。

  • 成長のペースが遅い
  • コミュニケーション不足
  • 勤怠が悪い

これらの問題は、スキル以上に重要視されるポイントです。

それでは、順を追って解説していきますね。

①:入社時から成長していない

1つ目の理由は、入社時から成長が見られないことです。

会社は、入社時のスキルはそれほど重視していません。なぜなら、ほとんどの場合、会社独自のやり方を新たに学ぶ必要があるからです。

問題になるのは、会社の期待する成長スピードとのギャップです。伸びしろがないと判断されれば、更新は難しくなります。

  • 最初のうちは、誰もが未経験者
  • 徐々にステップアップしていく
  • 周りと比べて、成長ペースが遅い

特に、数ヶ月経ってもできることが増えていない場合は要注意。自分の成長を客観視することが大切です。

日々の業務の中で、着実にステップアップしているか。先輩と自分の違いを冷静に分析し、課題を見つけていきましょう。

焦る必要はありません。でも、立ち止まってはいけない。そんな意識を持つことが大切ですね。

②:コミュニケーションを取っていない

派遣が更新されない2つ目の理由は、コミュニケーション不足です。

派遣社員にとって、派遣先との良好な関係づくりは欠かせません。仕事の依頼は派遣先から来るものですからね。

実力があっても、コミュニケーションが苦手だと、「扱いづらい人」というレッテルを貼られてしまうことも。

これが大事

  • 積極的に雑談に参加する
  • 分からないことは素直に質問する
  • 感謝の気持ちを言葉にする

些細なことの積み重ねが、人間関係を良くしていきます。

仕事ができるだけでは不十分。人間関係づくりも仕事の一部と考えることが大切です。

苦手意識があるなら、少しずつ実践あるのみ。あいさつや感謝の一言から始めてみると良いでしょう。

コミュニケーションスキルもまた、大いに鍛えられる部分です。

③:遅刻・欠勤など勤怠が荒れている

最後は、遅刻や欠勤など、勤怠の問題です。

出勤率が8割を下回ると、派遣契約更新されない可能性が出てきます。やむを得ない理由があるケースは別ですが、安易な欠勤は信用を失うことに。

派遣社員の役割は、「労働力の提供」。会社は、人手が足りないから派遣を活用しているのです。

  • 体調管理を怠らない
  • 遅刻や欠勤の連絡は早めに
  • 休みの理由を正直に伝える

当たり前のようで、なかなか難しいのが勤怠の問題。でも、信頼を得るには欠かせないポイントなのです。

月の出勤による更新されない問題は「派遣社員で月に2回以上休むとどうなる?当日欠勤が多いとクビ?」にて解説しています。

優秀な派遣社員がスキル不足を解消するためにやっていること

優秀な派遣社員がスキル不足を解消するためにやっていること

最後に、スキル不足を解消するためのポイントをお伝えしましょう。

優秀な派遣社員たちは、日々どんな努力をしているのでしょうか。

  • 疑問に思ったらすぐ質問
  • 行動しながら仕事を覚える
  • 仕事の向き不向きはあまり考えない

これら習慣を身につければ、確実にスキルアップできるはずです。

ぱぱだんご

それでは、詳しく見ていきましょう。

「ん?」と思ってから質問するまでの時間が早い

優秀な派遣社員は、わからないことをそのままにしないのが特徴です。

仕事をしていて「ん?」と思ったら、すぐに確認する。そのスピード感が、成長を加速させるのです。

  • 調べるより聞くが早い
  • 気になったことはメモしておく
  • 聞きやすい上司に質問する

「聞くは一時の恥」と言いますが、本当にその通り。恥ずかしがっていては、いつまでも同じレベルのまま。

大切なのは、「悩む」のではなく「考える」こと。

疑問をそのままにしない。それが、スキル不足を解消する第一歩と言えるでしょう。

質問は恥ずかしいことではありません。むしろ、成長意欲の表れと捉えるべきですね。

疑問に思ったら、3秒以内に聞く。そんな習慣をつけてみませんか。

「覚えてからやる」ではなく「やりながら覚える」

優秀な派遣社員のもう1つの特徴は、行動しながら仕事を覚えるという点。

初めての仕事は、誰もが不安です。でも、いつまでも「完璧に理解してからでないと」と尻込みしていては、成長のチャンスを逃してしまいます。

  • わかる部分から手をつける
  • 間違いを恐れずチャレンジ
  • 失敗から学ぶ姿勢を持つ

マニュアル通りに進まないのが、仕事の常。イレギュラーへの対応力が問われるのです。

行動あるのみ。それが成長の近道なんです。

完璧主義は時に成長の足かせになります。最初は誰もが未熟者。失敗をおそれず、まずは一歩踏み出すことが何より大切なのです。

仕事に向いている向いていないは考えない。やってみてだめならダメと考える

最後は、仕事の向き不向きにこだわらないというポイント。

確かに、すべての仕事が自分に合うわけではありません。でも、「向いていない」と決めつけるのは早計というもの。

  • まずはやってみてから判断する
  • 苦手意識は克服できる
  • 向いていないと口にしない

「できない自分」を意識すると、どうしても消極的になりがち。でも、そんな思い込みは、捨ててしまいましょう。

できない理由を探すのは簡単です。でも、できる可能性を信じることから始めてみませょう。

向いていないと思い込むのは勿体ない。やってみて初めてわかることなんてたくさんあるはず。


ここまで優秀な派遣社員がスキル不足を解消するためにやっていることを解説しました。あらためてまとめます。

  • 疑問に思ったらすぐ質問
  • 行動しながら仕事を覚える
  • 仕事の向き不向きはあまり考えない
ももこ

確かにできる人になりたいとは常に思ってるけど…むずい。

ぱぱだんご

そうですね。直ぐに買われるものではなく、継続できる人が選ばれるんですよね。

他にも優秀な派遣社員と思われる方法を解説した記事を準備しました。

気になる方は以下のリンクからご覧下さい。

派遣の更新がスキル不足でしないときのよくある質問

派遣の更新がスキル不足でしないときのよくある質問

派遣の更新されなくてショックなんですがどうすれば

更新希望なら以下3つをやってみて下さい。

  • 派遣営業に契約終了した理由を書面でもらう
  • 派遣営業に更新希望を伝える
  • 契約終了になる理由を自己分析する

更新希望しないなら他の仕事を探しましょう。

更新する場合、しない場合両方のパターンを以下の記事で解説しています。

派遣更新をされない場合は前兆ある?

以下の7つがあります。

  • 派遣先企業の業績が悪い
  • 派遣営業と派遣先担当者のやり取りが増えた
  • 求人誌に同じ仕事が掲載された
  • 派遣先企業に直接雇用の新人が入ってきた
  • 契約期間が短くなる
  • 指摘されなくなった
  • 更新月の1か月前に派遣営業から面談したいと言われた

詳しくは「派遣が更新されない予兆は7つある?事前にできる対策を現役営業ならではの目線から解説」で解説しています。

更新されなかった場合の失業手当はどうなるの?

自己都合退職でも期間満了まで勤務した場合は「待機期間なく失業手当が貰えます」

ただし、会社都合退職とはくくりが変わりますので注意してください。

詳しくは以下の記事で解説しています。

【まとめ】スキル不足で派遣更新しない場合、本音を言われない

この記事では、派遣の更新しない理由が本当はスキル不足について詳細に解説しました。

この記事のポイント
  • 本当はスキル不足で更新されないのに派遣営業は隠す
  • スキル不足の原因は5つ
    1. ビジネスの土台スキルと業務スキルの区別
    2. 自主勉強不足
    3. 業務に必要なスキルの理解不足
    4. 一人で抱え込む傾向
    5. 自分はできないという思い込み
  • 優秀な人がやっていること
    1. 疑問に思ったらすぐ質問
    2. 行動しながら仕事を覚える
    3. 仕事の向き不向きはあまり考えない

改めて本音と建前がある社会って怖いですね…

本ブログでは、派遣で悩みを抱える方に向けて本音で情報をお届けしています。

是非とも本ブログの他の記事もご覧下さいね。

PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアお願いします
  • URLをコピーしました!
〜 Contents 〜